ribandoの挑戦


適当気ままにウイイレや現実サッカーなどについて書きたいと思います。よかったらコメントお願いします。
by ribando
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
お気に入りブログ
リンク
ribandoの掲示板
スレ建てついては管理人に確認を取ってからスレを立ててください
ドリブラー・サビオラのML日記 も始まりました!!!
中田英寿~3冠へのロード~ も始まりました!!!
ジョーと林檎とかつおぶしも始まりました!!!
ML戦記Vポーツマスも始まりました!!!
貯金箱のピギーバンク戦記 ~栄光への道~も始まりました!!!

ウイイレが上手くなりたい!
NANAMIさんのブログです。ぜひ見に行ってみてください

CHAL's Blog
CHALさんのブログです。一度見に行ってみてください

エヴル監督のチーム強化記録
エヴルさんのブログです。僕が好きなブログのひとつです。ぜひ見に行ってください。

Grande Milanの栄光を再び・・・
ミラノコレクションさんのブログです一度いってみてください。


WE10動画攻略ブログ
youさんのブログです。コノブログはかなり参考になります。ぜひ一度見に行ってみてください。

Everyday with WinningEleven
zaburoさんのブログです。コノブログは画像がたくさんあって見やすいです。ぜひ1度見に行ってみてください。

浦和レッズやサッカーのTV観戦記
スーパー達也さんのブログです。かなり見やすいです。書き方を参考にしていきたいと思ってます。ぜひ1度行ってみてください。

監督ラムーネML戦記。
ラムーネさんのブログです。なんと僕と同じマジョルカを使っています。ぜひ1度違いを見に行ってみてください。

ワタやンお気楽日記
ワタやンさんのブログです。ジャンルが広いですよ。ぜひ1度行ってみてください。

ソレント'sリミットブレイクスルー
ソレントさんのブログですぜひ見に行ってみてください。

ウイイレML動画集
葉太さんのブログです。動画があってかなり見やすいです。ぜひ1度行ってみてください。

ライフログ
以前の記事
最新のトラックバック
デコとも 無料デコメ
from 無料デコメ特集
モンテネグロ
from 時事ネタ.com
私に調教されたいブタ男は..
from 巫女
Sなのに
from 秘姫
不倫の代償とその後
from ニッシー
階段でパンツが
from マミ
1000人斬りの女
from 私とえっちしませんか?
vegas gambling
from vegas gambling
24 twenty-fo..
from 24 twenty-four..
アクサダイレクト自動車保..
from アクサダイレクト自動車保険情報
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:ML~第3章~( 17 )


次チームへ

監督情報
ribando監督が以前から熱望していた名古屋グランパスエイトへの移籍が秒読みとなっていることが判明した。

監督は「まだ決まったわけではないが、私の頭の中ではイメージができている。このチームは非常に可能性を秘めていると思う。ぜひ監督としてこのチームの一員として戦いたい気持ちでいっぱいだよ」と話しており、ボーズデスも移籍を受け入れているようだ。

今ボーズデスの在籍している杉本はribando監督が鯱こと名古屋グランパスエイト(この次からは鯱で行きます)の監督になるようならばに戻ることを明言している。

このような情報をキャッチしているようだ。
[PR]

by ribando | 2006-11-21 22:37 | ML~第3章~

2008年前半戦~勝ち続けるチーム~

今日は一気に更新します。間違えなく内容はしょぼいですすいません。

第5節VSサンプドリア
3-0
Cルカレッリの2得点とモメンテの1得点で勝利。
監督は「ベテランの力はすばらしいな」と話していった。

第6節VSウディネーゼ
3-1
スギ、ファラグ、オカカそれぞれ1得点ずつ取り勝利。
監督は「それぞれ良い動きをしていたからな」と話していった。

第7節VSパルマ
4-0
ファラグの1得点と後半からの出場のモメンテハットトリックで勝利。
監督はモメンテはすばらしいね。ファラグも昨季よりよくなってるね」と話していった。

第8節VSローマ
2-3
モンテッラに2得点、トッティに1得点を許す。
ファラグ、オカカと得点を挙げるが及ばず。
監督はモンテッラ彼にやられたよ。何故あそこに居るんだ??すばらしいね」と相手選手ながら絶賛して言った。

第9節VSユベントス
3-1
Cルカレッリ、ハムスン、モメンテの得点で勝利。
監督は「ハムスンの逆転ゴールはすばらしかった。彼も地道にがんばってるよ。ファンの心もつかんでいるしね。彼の放出はまだないだろう」と話していった。

D1カップ1回戦VSキエーヴォ
2-0
カッサーノ、モメンテの得点で勝利。
監督は「優勝が目標だからね」と話していった。

第10節VSアスコリ
モメンテ、アプドラポの1得点で勝利。
監督は「アプドラポをカッサーノの位置のCHで使ったらよかったね。これは新たなフォメの原型になるかもしれない」と話していった。

第11節VSパレルモ
2-0
スギ、ファラグの2トップの得点で勝利。
監督は「2トップが昨季よりかみ合っているな。ファラグが目立つようになって来たよ」と話していった。

第12節VSフィオレンティーナ
4-1
ファラグの2得点を始めとする、カッサーノ、モメンテの1得点で勝利。
監督はファラグはハイスピードで成長中だな。カッサーノはこのフォメに合わないのだろう。正直浮いているな」と話していった。

D1カップ1回戦VSキエーヴォ
4-0
オカカの1得点とCルカレッリハットトリックで勝利した。
監督は「チームにフィットするまで時間がかかった分フィットしたベテランはすばらしいな。彼の力がチーム練習にもひしひし伝わってるよ。彼がチームを引っ張って行ってくれてるな」と話してくれた。

第13節VSラツィオ
1-0
スギの1得点で辛勝。
監督は「厳しい試合だった。カウンターがうまく決まったのも守備がよくなってきたからかな」と話していった。

第14節VSキエーヴォ
4-0
スギの1得点とモメンテの2得点で勝利。
監督は「モメンテ投入までは13節と同じ展開だったが彼が状況を打開してくれた。よくやってくれたよ」と話していった。

第15節VSトレヴィーゾ
5-0
ファラグオカカの2得点とカッサーノのミドルで勝利。
監督は「スギの疲労がチームに勝利をもたらしたのか?スギの位置に入ったオカカが予想以上の働きをしてくれた。彼はサブで出るよりもスタメンで出たほうがいいかもしれないな。ファラグは9番の風格が出始めたな。カッサーノは個人技だった」と話していった。

D1カップ2回戦VSインテル
オカカ、Cルカレッリ、モメンテの得点で勝利も、またしてもアドリアーノの鬼ボレーを喰らうw
監督は「アドリアーノはうちとの試合でほとんど鬼ボレーを決めてくるな。何かあるのか?まぁ勝てたからよしとしよう」と話していった。

次回交渉。
カッサーノは浮いているということだがチームに残れるのだろうか?
[PR]

by ribando | 2006-11-10 20:31 | ML~第3章~

2008年開幕~爆発~

CL出場権&国内二冠を達成すべくボーズデスの2008年シーズンが開幕した。

第1節VSシエナ
3-0
前半はカウンターを何発か受けながらも耐え、攻めもいい形ができていたが得点を奪えず。
後半スギに代えて昨シーズン後半戦は2発で終わってしまったモメンテを投入する。
すると後半6分クリアボールをコンディション絶好調のモメンテが拾うとそのままゴールまでごり押し。先制点を奪った。
後半12分ファンペルシーのスルーパスを体を張りながら受けたモメンテがそのまま得点を奪うと彼自身2得点目となるゴールとなる。こうなると試合はボーズデスペース後半36分にモメンテが自身ハットトリックとなる3点目を奪い勝利。
監督はモメンテは昨季後半戦2点しか取ってなかったから自分への鬱憤が溜まっていただろうだがよくやってくれた最高のスタートが切れたよ」
話していった。

昨季6位でCL圏内に入ったPESを相手とする第2節気を抜くことは許されない。
第2節VSPESユナイテッド
3-0
ボーズデスのスピードスタースギがライバルチームに対して予想以上の闘志を燃やしていた。
前半7分スギがレノンからボールを貰うとスピードに乗ったドリブルで切り裂きそのままシュートこれが決まると前半22分スギがバックパスをトップスピードで奪い取りそのままシュートこれも決まって2点目となると、後半2分ファンペルシーのパスを受けたスギが決めて3点差とする。そしてハットトリック達成!!!そのまま試合終了し2連勝でスタートを切った。
監督は「モメンテに続きスギがハットトリックを達成してくれた。そして守備陣の予想以上の出来だ。昨シーズンよりもいい出来だ。これからもがんばっていこう」と話していった。

第3節VSインテル
1-1
スギのミドルで先制するがアドリアーノにヘッドで得点されドロー。
監督は「勝ち点を落とさなかったのが大きい。カウンターでスギの足が生きたな」と話していった。

第4節VSミラン
2-1
スギ、オカカが得点をするがクリアミスがゴールに吸い込まれ1点取られてしまった。しかし大きな勝利となった。
監督は「スギは4試合で5得点才能が開花したか?最高の出来だ。そしてオカカは公式戦初ゴールだな。よくやってくれた」と話していった。

3勝1分で1位のボーズデス最大の敵は得失点差で2位のフィオレンティーナとなるのか?
[PR]

by ribando | 2006-11-07 19:06 | ML~第3章~

ガゼッタ・トヨタ新聞

スーパー達也記者の記事
ガゼッタ・トヨタ新聞

CL出場ならず。

選手コメント
スギ「CLに出れなかったのは僕たちFWの責任。来年こそ⑩得点決めます。」
アントニオ「最後の方はイライラして、自分のプレーができなかった。来シーズンは必ずタイトルを獲得する。」
敵選手コメント
カカ「良いチームだが、まだまだですね。来シーズンは良いとこまで来ると思います」

移籍市場ボーズデスの動き
IN                         OUT
オカカ(リヴァプールよりトレード)       マクブライド(リヴァプールへトレード)
イホ(その他より)                 ドド(アトレティコへ)
カンタリ(フリーより)               ラスキン(セビージャへ)
レノン(トッテナムよりトレード)         マッコ(トッテナムへトレード)
                           ヴァレニ(AZへ)

新加入選手紹介
名前             年齢            国籍
オカカ            17歳            イタリア
次世代のボーズデスを担う存在になれるのか?というところ。同じイタリア国籍のモメンテとの2トップ起用があったら次世代のイタリア(ゲーム内)の2トップとなる可能性もあるのか?
昨シーズンモメンテは14ゴールとゴールランキング2位を出しているため同じイタリアの若手オカカにも少なからず期待はかかるだろう。

イホ             22歳            韓国
マジエッロからスタメンを奪えるかが期待されるところ。なかなか引き締まらない中盤の選手の気持ちを絞めるため彼の存在は大きくなるだろう。これからの成長にも期待される。

カンタリ           21歳            モロッコ
ribando監督がマジョルカ時代手がけた3バックの一角を担っていた選手。バックラインのサポート役の選手が居なかったため獲得されたとされているが、スタメン入りも遠くはないはずだ。

レノン            20歳             イングランド
セバスティアンラーションがサイドで活躍できなかったためサイドの選手として獲得された。
ボディバランスが弱いところが気になるがスピードセンスともにかなりのものを持っている。
これからの活躍に期待。

基本フォメ 
┏━━┳━┳━━━┳━┳━━┓
┃□□┃□┗━━━┛□┃□□┃⑪CF ファラグ
┃□□┃□□□□□□□┃□□┃⑨CF スギ
┃□□┗━⑪━━━━━┛□□┃⑩OH カッサーノ cap
┃□□□□□□□□⑨□□□□┃⑧SH ファンペルシー
┃□□□□□□□□□□□□□┃⑦SH レノン
┃■■■■■■■■■■■■■┃⑥DH アプラドポ
┃■■■■■■⑩■■■■■■┃⑤DH マジエッロ
┃■⑧■■■■■■■■■■■┃④CB ヴォーメ
┣━━━━━━━━━━⑦━━┫③CB コルタリー
┃■■■■■■■■■■■■■┃②CB オーペイ
┃■■■■■■■■⑥■■■■┃①GK クルチ
┃■■■■⑤■■■■■■■■┃
┃□□□□□□□□□□□□□┃
┃□□□□□□□□□□□□□┃
┃□□┏②━━③━━④┓□□┃
┃□□┃□□□□□□□┃□□┃
┃□□┃□┏━━━┓□┃□□┃
┗━━┻━┻━①━┻━┻━━┛

次回2008年シーズン開幕
[PR]

by ribando | 2006-11-06 20:24 | ML~第3章~

2007年後半戦~泥沼~



第23節VSミラン
2-3
後半戦始まって初の3失点をしてしまう。
ファンペルシー、ハムスンの1得点づつで1点差まで詰め寄るが敗北。
監督は「守備が久しぶりに崩れてしまった。だがハムスンはよかったな」と話していった。

第24節VSPESユナイテッド
相手の2トップはPESの次世代を担っていくパクチュヨンとテベスの2トップ。
1-2
テベスのゴールで先制されるとパクに立て続けに決められてしまう。
ファラグが1点返すものの時間切れ。
監督は「勝ちが遠いな。先制されるのはよくないな」と話していった。

D1カップ準決勝Vsミラン
0-1
インザーギに止めを刺されてしまった。
監督は「・・・・・・ここまでか。来シーズンはこのカップをうちがいただく」と話していった。

第25節VSフィオレンティーナ
0-1
トニにCKからヘッドでゴールを割られる。追いつけず敗北。
監督は「サポーターの皆さんも不満が溜まってきているかもしれない。だが選手たちは自分たちのプレーをしている、暖かく見守ってほしい」と話していった。

第26節VSパレルモ
2-2
獲って獲られて獲られて獲ってだった。最終的には追いつくといった展開。
アプドラポ、スギの得点だった。
監督は「22節以来の勝ち点か。勝ちが遠のいているのが自分たちでもわかるよ」と沈んだ表情で話していった。

第27節VSローマ
2-3
モンテッラにハットトリックを決められ敗北だがスギの得点とモメンテの得点が決まった。
監督は「モメンテは16節以来のゴールか彼の不調がチームに影響しているのかそれともチームの不調が彼に影響しているのか・・・とにかく決めてくれてよかったよ」と話していった。

第28節VSパルマ
3-0
スギの1得点、カッサーノのミドル、ファラグのヘッドでの得点で勝利。
監督は「久しぶりの勝利だな。うれしいね。でもいつの間にかCL圏内がここから全勝じゃないと無理だ。厳しいね」と話していった。

第29節VSキエーヴォ
1-0
ファラグのミドルがゴールネットを強引に揺らし勝利。
監督は「彼はコンスタントな活躍をしてくれているな。いい選手だよ」と話していった

最終節VSメッシーナ
0-0
CLへの焦りが出たのかシュートが枠に収まらず終了。
監督は「悪い試合ではなかった。ただ決定力だけだ」と話していった。

最終結果 
リーグ 7位
D1カップ 準決勝敗退
[PR]

by ribando | 2006-11-05 17:05 | ML~第3章~

2007年後半戦~CL圏内取りへ~

明日は危険物の試験。こんなことしていていいのだろうか???w
でも更新します!!!後半戦15節分一気に行きますよ!!!なので内容は省略しまくりでw楽だしw

第16節VSアスコリ
2-0
スギの1得点とモメンテの1得点で勝利。
監督は「守備が安定していたな。スギが前半戦よりボールに触れていたよ」と話していった。

D1カップ2回戦VSインテル
2-1
マクブライド、ドライの1得点で勝利。
アドリアーノに鬼ボレーを決められて先制されるがベテランと新加入選手の活躍で逆転し準決勝進出決定。
監督は「ベテランの活躍はチームにとっていいものだな。これからもがんばってほしいね」と話していった。

第17節VSレッチェ
1-0
ファラグの1得点で勝利。
監督は「ファラグはなかなかいい得点感覚を持ってるな的確にゴール前に詰めていたよ」と話していった。

第18節VSインテル
0-1
またしてもアドリアーノの鬼ボレー・・・・あれは触ったらキーパー骨折れちゃうよ・・・
敗北
監督は「マークがサイドに釣られてずれが生じたところだったな・・・まぁ仕方ない」と話していった。

第19節VSラツィオ
0-0
シュート撃っても宇宙開発の連続ディフェンスは安定していた。
監督は「悲しいものがあるな。ディフェンスが安定してるとオフェンスがダメか・・・」と話していった。

D1カップ準決勝VSミラン
一難さってまた一難。インテルに勝ったかと思うとミランとの勝負となった。
0-1
シェフチェンコに頭で押し込まれ敗北。
監督は「主力組みのディフェンスを休ませたら一瞬の隙を突かれたな」と話していった。

第20節VSユベントス
1-0
カッサーノのミドルがゴールに突き刺さり勝利!!!
監督は「この勝ち点3は大きいだろう。チームとしての自信にもつながった」と話していった。

第21節VSウディネーゼ
2-1
スギの1得点と、ラスキンんも1得点で勝利。
先制を許すものの見事な逆転勝ちだった。
監督は「大きな2連勝だ。この調子でいけるといいな」と話していった。

第22節VSトレヴィーゾ
1-1
スギの1得点で先制するものの同点に追いつかれてしまい、勝利を逃した。
監督は「先制して気が抜けたのか?まったくダメだ」と話していった。

そしてここからボーズデスは泥沼へと突入してしまうのだった。

更新を次の記事へ行かせます
[PR]

by ribando | 2006-11-04 19:38 | ML~第3章~

ガゼッタ・トヨタ新聞

スーパー達也記者より
ガゼッタ・トヨタ新聞

ビッグ3+1の壁は破れず。

選手コメント
アントニオ「最近は調子良いけど、やはりビッククラブに勝たないと優勝は無理だ。そのためにはまず守備から立て直さないとダメだね。トッティが元気そうでまぁ良かったよ。」
モメンテ「自分でも信じられないほどゴールが決めれる。最高の調子だよ。失点されても、点を取れば勝てる。」
ファンベルシー「移籍後初めてゴール決めれて安心したよ。ちょっと結果が出てなかったからね。やっぱりビッククラブは強いけど、僕たちも負けてられないよ。」

敵選手コメント
トッティ「昇格チームにこれほど苦しめられるとは…侮れないチームだな。アントニオも元気そうでやってたので良かったよ。」

前半戦を終えて
あまりいい成績を残せなかったボーズデス。
監督は「いい成績を残せなかったわけではない。順位は5位だった。しかし失点が多かった。特になければ勝ち点が取れるというところで集中力が切れることが多かった、1番後ろで支えれる選手、キーパーは特に必要だ」と話してくれた。

移籍市場ボーズデスの動き
IN                         OUT
ドライ(キエフからトレード)           ヨウガ(キエフへトレード)
クルチ(セルティックよりトレード)       イヴァロフ(セルティックへトレード)
ウィグレムトン(パレルモよりトレード)    フーケ(パレルモへトレード)
                           セシウ(モナコへ)

新加入選手紹介
名前             年齢            国籍
ドライ(リネームしてない) 27歳           セルビア
DMFの控えとして獲得。だが能力的にはマジエッロを超えており、スタメン定着もありえるかもしれない。

クルチ            21歳            イタリア
ついに監督が待ち望んでいたキーパーの補強に成功した。将来有望の彼は今の能力もイヴァロフを超えており失点数は激減すると見られている。
さらにイタリア人ということでサポーターから空港ですばらしい声援受けた。

ウィグレムトン       27歳            スウェーデン
両サイドができオフェンシブもできるいい選手。ドリブル制度スピードもよくサイドをやらせるにはもってこいの選手だ。セバスティアンラーションの調子が悪いためスタメンを奪うことが目標となるだろう。

基本フォメ
┏━━┳━┳━━━┳━┳━━┓
┃□□┃□┗━━━┛□┃□□┃⑪CF ファラグ
┃□□┃□□□□□□□┃□□┃⑨CF スギ
┃□□┗━⑪━━━━━┛□□┃⑩OH カッサーノ cap
┃□□□□□□□□□□□□□┃⑧SH ファンペルシー
┃□□□□□□□□⑨□□□□┃⑦SH セバスティアンラーション
┃■■■■■■■■■■■■■┃⑥DH アプラドポ
┃■■■■■■■■■■■■■┃⑤DH マジエッロ
┃■⑧■■■■⑩■■■■■■┃④CB ヴォーメ
┣━━━━━━━━━━⑦━━┫③CB コルタリー
┃■■■■■■■■■■■■■┃②CB オーペイ
┃■■■■■■■■⑥■■■■┃①GK クルチ
┃■■■■⑤■■■■■■■■┃
┃□□□□□□□□□□□□□┃
┃□□□□□□□□□□□□□┃
┃□□┏②━━③━━④┓□□┃
┃□□┃□□□□□□□┃□□┃
┃□□┃□┏━━━┓□┃□□┃
┗━━┻━┻━①━┻━┻━━┛
このような形になりそう。モメンテのサブとしての活躍がどれだけあるかがかぎとなるかもしれない。
[PR]

by ribando | 2006-11-03 13:03 | ML~第3章~

2007年前半戦終了~化け物~

どうもぉ~ribandoでぇ~~すw
明日は文化祭です!!!ダンス踊っちゃいますよぉ~~!!!
でMLは調子が上がらないような上がってるようなです・・・・w
さぁMLいきます

第10節VSフィオレンティーナ
4-4
カッサーノ1得点、スギの1得点モメンテの2得点と大量得点だったが大量失点で引き分け。
監督はモメンテの2点がなかったら大敗だったからな」と話していった。

第11節VSパレルモ
3-2
スギ1得点、モメンテの1得点、後誰かの1得点で勝利。
監督は「内容的には失点はなかったはずだがイヴァロフがポカを2つもしてくれたね。キーパーも入れてカテナチオだ。キーパーの補強が必要となってくる時期に来たな」と話していった。

第12節VSローマ
1-2
スギの1得点があったが、トッティに2得点獲られてしまい敗北。
監督は「PKがもったいなかった。PKがなかったら引き分けだったのにね。集中力不足だね」と話していった。

D1カップ1回戦VSアスコリ
1-0
マクブライドの1得点で勝利。
監督は「まぁ問題ないでしょう」といっていた。

第13節VSパルマ
4-3
アプドラポ1得点、ファンペルシー1得点、スギ1得点、ファラグ1得点で勝利も失点数が目立つところ、キーパーのキャッチミスも含む3失点もしてしまった。
監督は「オフェンス陣は最高だった。ファラグは久しぶりの得点だったな。モメンテとの争いも激しくなってくるだろう。がんばってほしいね。ディフェンス陣はまだダメだな・・・・3バックはダメなのか・・・・」と話していった。

第14節VSキエーヴォ
1-1
モメンテの1得点で引き分けに追いついて試合終了。オビンナにやられた形だった。
監督は「スピードがスギより速かった。ディフェンス陣もきりきり舞いだったよ。モメンテはチャンスをものにする。すばらしいFWだ」と話していった。

第15節VSメッシーナ
前半から攻め立てるものの得点を奪うことができない状況。しかし今日のディフェンス陣は最高のでき失点はおそらくないだろう。
後半7分頃ファラグに変えてモメンテを投入すると後半34分モメンテがカッサーノのパスを貰うと振り向きながらシュート!!!これが決まり勝利!!!
監督は「モメンテはすばらしい。マジエッロの中盤からのディフェンスもすばらしいものがある。その中盤からのディフェンスのおかげで今日はディフェンスの調子がよかったかもしれないな」と話していった。

D1カップ2回戦VSインテル
2-2
アドアーノに2得点を獲られるがコルタリーのオーバーラップからの1点とマクブライドの得点で追いつき試合終了。
監督は「アウェイゴールを考えると最高の結果だったな。CBオーバーラップが効いたな190cmの長身からのヘッドはよかったな」と話していった。
次回交渉!!

次回からスーパー達也さんの新聞は次の更新の1番上に載せることにします。
そうすればみなさんの目にもとまると思うので!!!
[PR]

by ribando | 2006-11-01 21:32 | ML~第3章~

2007年開幕~がんばれボーズデスFC~

なぜか掲示板が消えてしまいました^^;また時間があるときに新しいの作っておきますね。

ML行きますか。
セリエA開幕!!!ボーズデスFCの更なる飛躍はあるのだろうか。
今回も量が多いので簡単に行きます。
第1節VSアスコリ
1-0
ファンペルシーのクロスをスギが決めて勝利。
監督は「まぁよかったな。だが決めれるチャンスはもっとあったからな、決めておかないといけないな」と話していった。

第2節VSレッチェ
1-1
ファラグが移籍後初ゴールを決めるものの同点ゴール止まりだった。
監督は「守備は連携ミスだったかな。これからよくなるだろう。ファラグはよく決めてくれた」と話していった。

第3節VSインテル
3-4
アドリアーノに2点を決められ沈んでいたがファラグが2点を返す。しかしセザール、マルティンスに決められるが最後はモメンテが決めて期待を寄せられる活躍を見せてくれた。
監督はファラグの2発は効いただろ。インテルも一瞬だが顔を下げていた。しかしスピードに負けたな。モメンテが点を取ったのは大きな収穫だった」と話していった。

第4節VSラツィオ
2-2
先制されるも追いついて逆転するがロスタイムに同点という悲劇が起こった。
得点はカッサーノとスギだった。
監督は「往年のコンビ大爆発といきたかったがDFが集中し切れなかった。勝ちがほしいね」と話していった。

第5節VSユベントス
1-2
ズラタンに先制ゴールを決められるがファラグが同点ゴールを決めるが勝ち越され試合終了。
監督は「ボールをキープすらさせてもらえないな。中盤で潰されすぎだな。カッサーノもネドベドに潰されてしまっていた。これからがんばろう」と話していった。

第6節VSウディネーゼ
2-0
前半はシュートを打ってもポストORキーパーにとられるといった感じそこで後半始めからモメンテを投入すると、後半12分頃モメンテがミドルを決めて先制すると後半32分頃モメンテがループを決めて快勝。
監督はモメンテについてはここまでで最大の収穫だろう。スーパーサブといったところだろうか。期待が寄せられるな」と話していった。

第7節VSトレヴィーゾ
4-0
ハムスン、スギ、が1得点。モメンテが後半だけの出場で2得点を取る活躍で勝利!!!
監督はモメンテは後半だけで力を発揮できるいい選手だな。スタミナがつけば化け物になるぞ!!」と話していった。

第8節VSミラン
1-3
モメンテが後半得点を奪うもののイニエスタの2得点などで敗北。
監督は「モメンテがよくやってくれている。まぁしょうがないだろう」と話していった。

第9節VSPESユナイテッド
1-0
スギのミドルが決まり勝利。
監督は「スギはミラン戦でチャンスを決めれないとこがあったからなここで決めたかったのだろう」と話していった。

D1カップ1回戦VSアスコリ
3-0
Cルカレッリハットトリックで勝利。
監督は「よくやってくれたな」と話していった。

スーパー達也記者より
ガゼッタ・トヨタ新聞

補強組の活躍でまずまずの滑り出し。しかしビック3の壁崩れず。

選手コメント
モメンテ「スギやファラグなどがいるFW陣は激戦区だ。その中でも与えられたチャンスをものにしていかないと、スタメンにはなれない。ボクは今最後尾だから失うものはない。だからアグレッシブにプレイしたい。」
ルカレッリ「やっとゴールを決めれたよ。ラストチャンスと思って試合に出た。この試合で点取れてなかったらボクは違うチームにいただろう」
[PR]

by ribando | 2006-10-31 21:27 | ML~第3章~

ガゼッタ・トヨタ新聞

移籍市場ボーズデスの動き
IN                           OUT
オーペイ(その他より)               バーチャット(ローセンボリへ)
アプドラポ(その他より)              ミナンダ(ブーレーメンへ)
ファラグ(その他より)                エスピマス(エバートンへトレード)
コルタリー(その他より)              ヒメレス(レバークーゼンヘ)
セバスティアンラーション(エバートンよりトレード)
マジエッロ(フリーより)             
モメンテ(フリーより)
ファンペルシー(フリーより)
このような動きとなった。

新加入選手紹介
名前             年齢            国籍
オーペイ           21歳           コンゴ民主共和国
DFラインの一角として獲得。コンスタントな出場での守備の安定が求められるだろう。成長にも期待できる。

アプドラポ          21歳           エジプト
中盤底攻撃的な選手として獲得守備にも貢献してくれるだろう。監督がその存在感に惚れ込んだと言うことだ。
カッサーノ不在時にはFKも蹴るであろう彼は大きな存在となるだろう。

ファラグ           19歳            エジプト
昨季不調だったCルカレッリの位置に入るであろう選手。
監督は彼を「怪物になるだろう」とまで言っている。かなりの期待の選手だ。

コルタリー          20歳           ベルギー
DFの一角として加入。オーペイと同じ状況の中同じ国のヴォーメとの連携を生かしてDFを引っ張っていってもらいたい。

セバスティアンラーション 20歳           スウェーデン
本来のポジションはOMFだが右サイドで起用されるもよう。パス制度はそれなりによく成長すればカッサーノにも匹敵するだろうと一部のサポーターに言われている。

マジエッロ          24歳           イタリア
中盤底として獲得。イタリア人ということからもサポーターからはそれなりに人気を集めそうである。ビルドアップをしっかりして攻撃に参加してきたときいい攻撃ができるであろう。サイドをサポートする役割も担っている。

モメンテ           19歳            イタリア
FWの候補の1人である。サポーターからはイタリア人であるためファラグより期待されている。
監督はこの選手については「怪物ではなく化け物になるかもしれない。期待してもいいと思う。だがプレッシャーには押しつぶされないでほしい」と話している。成長すれば間違えなくチームを引っ張っていく選手となるだろう。

ファンペルシー       22歳            オランダ
天才と言われてもおかしくない逸材。他のチームからもオファーがあったがあえてボーズデスを選んできた。監督は「よく来てくれた。彼にはカッサーノと一緒にゲームを作って言ってほしいね」と話している通り、左サイドからのゲームの組み立ても期待されている。

基本フォメ
┏━━┳━┳━━━┳━┳━━┓
┃□□┃□┗━━━┛□┃□□┃⑪CF ファラグ
┃□□┃□□□□□□□┃□□┃⑨CF スギ
┃□□┗━⑪━━━━━┛□□┃⑩OH カッサーノ cap
┃□□□□□□□□□□□□□┃⑧SH ファンペルシー
┃□□□□□□□□⑨□□□□┃⑦SH セバスティアンラーション
┃■■■■■■■■■■■■■┃⑥DH アプラドポ
┃■■■■■■■■■■■■■┃⑤DH マジエッロ
┃■⑧■■■■⑩■■■■■■┃④CB ヴォーメ
┣━━━━━━━━━━⑦━━┫③CB コルタリー
┃■■■■■■■■■■■■■┃②CB オーペイ
┃■■■■■■■■⑥■■■■┃①GK イヴァロフ
┃■■■■⑤■■■■■■■■┃
┃□□□□□□□□□□□□□┃
┃□□□□□□□□□□□□□┃
┃□□┏②━━③━━④┓□□┃
┃□□┃□□□□□□□┃□□┃
┃□□┃□┏━━━┓□┃□□┃
┗━━┻━┻━①━┻━┻━━┛
基本的に連携が気になるところ。特にDFラインの連携は気になるところだ。最初の内は失点が多くなるかもしれない。
だが間違えなくカッサーノの負担が減るだろうそのことから自由に動けるようになるカッサーノへの気体も大きくなる。

次回リーグ開幕

スーパー達也記者より
ガゼッタ・トヨタ・新聞

セリエA制覇に向けて大型補強。

入団会見
ファンベルシー「ガナーズに残りたい気持ちもあったが、ガナーズでは絶対に試合に出れるということはない。あとセリエAでもやってみたかったからここを選んだ。左サイドを任せられると思うので、試合ではガンガン仕掛けたい。」

コンパニー「念願のセリエAだ。ここは守備の国。ここに来た理由はイタリアの守備を学びたかったのと、親友のボーアがいたからだ。」
記者「対戦してみたい人はいますか?」
コンパニー「対戦というより、パオロ・マルディーニと同じピッチに立ってみたい。そしてミランを完封したいね。」
[PR]

by ribando | 2006-10-30 21:14 | ML~第3章~