ribandoの挑戦


適当気ままにウイイレや現実サッカーなどについて書きたいと思います。よかったらコメントお願いします。
by ribando
カテゴリ
タグ
お気に入りブログ
リンク
ribandoの掲示板
スレ建てついては管理人に確認を取ってからスレを立ててください
ドリブラー・サビオラのML日記 も始まりました!!!
中田英寿~3冠へのロード~ も始まりました!!!
ジョーと林檎とかつおぶしも始まりました!!!
ML戦記Vポーツマスも始まりました!!!
貯金箱のピギーバンク戦記 ~栄光への道~も始まりました!!!

ウイイレが上手くなりたい!
NANAMIさんのブログです。ぜひ見に行ってみてください

CHAL's Blog
CHALさんのブログです。一度見に行ってみてください

エヴル監督のチーム強化記録
エヴルさんのブログです。僕が好きなブログのひとつです。ぜひ見に行ってください。

Grande Milanの栄光を再び・・・
ミラノコレクションさんのブログです一度いってみてください。


WE10動画攻略ブログ
youさんのブログです。コノブログはかなり参考になります。ぜひ一度見に行ってみてください。

Everyday with WinningEleven
zaburoさんのブログです。コノブログは画像がたくさんあって見やすいです。ぜひ1度見に行ってみてください。

浦和レッズやサッカーのTV観戦記
スーパー達也さんのブログです。かなり見やすいです。書き方を参考にしていきたいと思ってます。ぜひ1度行ってみてください。

監督ラムーネML戦記。
ラムーネさんのブログです。なんと僕と同じマジョルカを使っています。ぜひ1度違いを見に行ってみてください。

ワタやンお気楽日記
ワタやンさんのブログです。ジャンルが広いですよ。ぜひ1度行ってみてください。

ソレント'sリミットブレイクスルー
ソレントさんのブログですぜひ見に行ってみてください。

ウイイレML動画集
葉太さんのブログです。動画があってかなり見やすいです。ぜひ1度行ってみてください。

ライフログ
以前の記事
最新のトラックバック
デコとも 無料デコメ
from 無料デコメ特集
モンテネグロ
from 時事ネタ.com
私に調教されたいブタ男は..
from 巫女
Sなのに
from 秘姫
不倫の代償とその後
from ニッシー
階段でパンツが
from マミ
1000人斬りの女
from 私とえっちしませんか?
vegas gambling
from vegas gambling
24 twenty-fo..
from 24 twenty-four..
アクサダイレクト自動車保..
from アクサダイレクト自動車保険情報
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 09月 ( 49 )   > この月の画像一覧


リバクター新聞

3位でフィニッシュ
前半戦の不調を忘れさせてくれるような後半戦の活躍で存分にD1リーグを荒らしてくれたブラクター3位でフィニッシュをした。監督にインタビューをした。
監督は「前半戦は得点をしっかり取れている感じではなかったからな。そりゃ勝てないよ。後半戦は控えもしっかりしてきて安心して試合に望めるようになったからね。そこが大きかったと思ってるよ。何よりヨンセンがよかったね。だけど来シーズンは彼には頼れないねもうすぐ引退する時期だしね」と答えてくれた。

来シーズンはCLの予選からの出場で試合数が倍以上になると思われますが???と質問をしてみると。
監督は「正直それが一番きついところだよね。今の選手層では絶対に無理だと思ってる。だからこの交渉で選手を獲得するつもりだよ。もちろん即戦力から期待の若手までね」と話してくれた。

移籍市場ASブラクターの動き
今回も昨シーズンの終わりに負けないくらいの移籍があった。
IN                         OUT
バベル(アヤックスよりトレード)       オルダス(アヤックスへトレード)
スルナ(ウディネーゼよりトレード)      ラスキン(ウディネーゼへトレード) 
クライフェルト(バレンシアよりトレード)   ハムスン(バレンシアへトレード)
ローゼナイアー(フリーより)          ドド(ポーツマスへ)
ダビドピサロ(フリーより)            マッコ(ブラックバーンへ)
アイサティ(PSVより)              セシウ(WEユナイテッドへ)
ジョナサンゼビナ(レッチェより)        ホイレンス(バーミンガムへ)
ジギッチ(無所属より)
このような大型補強になった。そしてデフォルトで残っているのはヤリッチだけとなった。
そして今シーズンの成績とこの補強で世界中にASブラクターという名がとどろいたのだ。

新加入選手紹介
名前               年齢             国籍
バベル              20歳             オランダ
期待の選手。このチームでは即戦力レベルの力をもうすでに持っており、さらに将来有望というからとにかく凄い。来シーズンはヨンセンに代わってのスタメンの可能性が高いと見られている。

スルナ              24歳            クロアチア
FKも蹴れるSBとしての獲得。ラスキンとのトレードということでスタメンの座は彼のものだろう。来シーズンはオーバーラップからのクロスでのチャンスメイクに期待がかかる。

クライフェルト          30歳            オランダ
本来は獲得の意思はなかったがバレンシア側からのトレードのオファーでの獲得となった。
当初は獲得する意向がなかったということなのでスタメンはまずないと見られているが、スーパーサブとしての活躍が期待される。

ローゼナイアー         22歳            イングランド
両SBにCBとDMFができる逸材、ベーラミと並んでチームのレベルの底上げとなった選手だろう。控えとしてベンチに入ることが多いと考えられているがあなどれない選手だ。

ダビドピサロ           28歳             チリ
言わずと知れたチリの司令塔。この選手は監督を悩ましている選手だ。福西との交代か攻撃的にするときのオプションかというところで監督を悩ましている。

アイサティ            18歳             オランダ
逸材中の逸材。監督が自分の下で彼を育てたいといったことにより獲得に動いたもよう。
来シーズンはラウルガルシアを追いやってスタメンを奪うかもしれない。

ジョナサンゼビナ        28歳             イタリア
CB控えとしての獲得。戦力UPには充分な補強だろう。

ジギッチ             26歳             セルビアモンテネグロ
ヨンセンの後釜候補。パワープレーは見ものになるだろう。まずはチャンスを生かすことから始まるだろう!!!

来シーズン基本フォメ
┏━━┳━┳━━━┳━┳━━┓
┃□□┃□┗━━━┛□┃□□┃⑪CF ヨンセンorバベル
┃□□┃□□□□□□□┃□□┃⑨ST 本田圭佑 cap 
┃□□┗━━━━⑪━━┛□□┃⑩CH ラウルガルシアorアイサティ
┃□□□□□□□□□□□□□┃⑧DH 福西崇史orダビドピサロ    
┃□□⑨□□□□□□□□□□┃⑦SH キウミエント   
┃■■■■■■■■■■■■■┃⑥DH ガットゥーゾ   
┃■■■■■■⑩■■■■■■┃⑤SB スルナ
┃■■■■■■■■■■⑦■■┃④SB ブラージ
┣━━━━━━━━━━━━━┫③CB ルポーニ     
┃■■■⑧■■■■■■■■■┃②CB スティーブンコルドウェル     
┃■■■■■■■⑥■■■■■┃①GK ペレ
┃■■■■■■■■■■■■■┃
┃□□□□□□□□□□□□□┃
┃□⑤□□□□□□□□□④□┃
┃□□┏━③━━━②━┓□□┃
┃□□┃□□□□□□□┃□□┃
┃□□┃□┏━━━┓□┃□□┃
┗━━┻━┻━①━┻━┻━━┛
ウルタドは衰退が激しいためスタメン落ち。しかし守備のオプションとしてDMFをやらせる試合も増えるだろう。
ラウルガルシアは後半戦いいプレーができなかったためアイサティにポジションを奪われる可能性大。

プレシーズンマッチ
VSチェルシー
4-0
快勝。試合詳細は省きます。
バベル、ジギッチ、ヨンセン、クライフェルトがそれぞれ得点を上げアピールをした。

次回2008年シーズン開幕!!!

スーパー達也記者より
リバクター新聞

ブラクター大補強!!

入団会見
バベル「ribando監督の熱意に負けたよ。ほんとはアヤックスに残るつもりだったんだけど…プレミアでやりたいのもあった。まず目標はスタメン定着と15ゴール以上です。」
アイサティ「ビッグイヤーが取れるチームでコンスタントに出れるチームに行きたかった。」

敵選手&監督コメント?w
モウリーニョ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
バラック「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
[PR]

by ribando | 2006-09-30 19:22 | ML~第2章~

2007年~大勝~

降格争いをしているWEユナイテッドとの試合が迫っていった。

第27節VSWEユナイテッド
2-0
前半34分本田のCKをヨンセンが頭で流して1点目を奪うと後半22分ヨンセンとの交代で入ったリーバーナードが決めて2点差として勝利!!!
監督は「本田のCKの切れはよかったね。ニア入れるCKがうちのいいパターンになってきてるね」と話していった。

第28節VSエバートン
2-0
リーバーナードの2発で勝利!!
監督は「スーパーサブとしていい動きをしてくれていたな」と話してくれた。

第29節VSフルハム
7-1
前半4分ヨンセンがいきなり得点をたたき出すと、攻撃陣に火がついた。前半11分にはまたしてもヨンセン!!!これで2点差とすると、前半34分本田のニアへのCKをラウルガルシアがヘッドで押し込み3点差、さらに前半ロスタイムヨンセンがパスカットからそのまま得点をしてハットトリック達成!!!だがこれだけでは終わらず、またしても前半ロスタイムキックオフのボールをヨンセンがカットするとそのまま得点をしてなんと今日4点目!!!ここで前半終了。
そして後半25分本田が決めて6点差とするとやっと相手も1点を返すが、後半43分オーバーラップしてきたブラージが得点を決め快勝!!!
監督は「気持ちのいい試合だった。それにしてもヨンセンはよくアレだけ決めてくれたな」と話していった。

最終節VSバーミンガム
0-0
書くこと無しw
監督は「勝ちで終わりたかった」と話していた。

リーグ戦最終結果
1位リヴァプール    65点
2位マンU         65点
3位ASブラクター   57点
4位アーセナル     56点
5位チェルシー      55点
6位ニューカッスル   51点
・・・・・
15位ポーツマス     25点
16位WEユナイテッド  24点

なんと初参戦で3位というかなりの好成績を残した!!!しかしライバルチームまさかの降格・・・

リーグ表彰
MVP                  得点王               アシスト王
ヨンセン                ヨンセン               ソラーノ
ヨンセンが2冠を達成!!!よくやってくれた!!!
ちなみにヨンセン24得点です。

そしてプレシーズンマッチの最終節にチェルシーとの試合が決定した!!!

次回交渉リバクター新聞!!!
[PR]

by ribando | 2006-09-30 14:39 | ML~第2章~

2007年後半戦4~覚醒ヨンセン2~

そしてついに運命のチェルシー戦が行われる。

第23節VSチェルシー
2-0
前半12分ヨンセンがボールを貰うがシュートまでいけず得点を奪えない。前半32分ダフにシュートを撃たれるがペレが弾き危機を脱出すると、後半3分ヨンセンがパスカットするとそのままドリブルで交わしていく、そしてシュート!!!キーパー触れず先制すると、後半26分直志からヨンセンへスルーパスが通るとキーパー飛び出してくるがヨンセンが交わしそのままシュート!!この球がゴールに吸い込まれ2点差とすると守備陣が踏ん張り勝利!!!
監督はヨンセンがよくやってくれたな、エースが活躍したチームが勝ったんだ。チェルシーも悪くはなかったよ。だけどドログバをこちらが完璧に抑えていたからね。そこでこの試合が決まっていたのかもしれないね」と話していった。

WEFAランキング  51位にUP

第24節VSブラックバーン
1-0
前半24分本田が左足を振り抜き先制すると、守りきって勝利した。
監督は「ヨンセン抜きでも得点を取れるな上出来だ」と話してくれた。

第25節VSリヴァプール
0-1
オウンゴールで引き分けを逃してしまった。
監督は「集中力が足りなかったな。次節は4位のアーセナルとの試合だ勝つ!!!」と話してくれた。

第26節VSアーセナル
お得意様アーセナルとの試合絶対に勝ちたいところだ。
4-2
前半15分エースヨンセンが今日1ゴール目を上げる。が前半20分リュンベリに決められて同点となると、前半34分ヨンセンが今日2ゴール目を決めて勝ち越すと後半6分ヨンセンが2点差とする得点を奪い引き離す。ここでハットトリック達成!!!だが後半34分またしても点を取られるが後半43分本田が決めて勝利!!!
監督は「格下だけにしか決めれないといわれていたヨンセンがチェルシー戦からまた1つ上のレベルに上がった感じだ。残りの試合もがんばってもらわないとな」と話していった。

ここまで来て4位と順位を上げてきた。
ヨンセンが19ゴールでリーグトップを走っている。

まだまだヨンセンの後釜探してます。よろしくねw
[PR]

by ribando | 2006-09-30 11:48 | ML~第2章~

2007年後半戦3~やられた~

あと3試合後にチェルシー戦を控えている。そして試合が始まった。

第21節VSニューカッスルユナイテッド
2-3
この試合ヨンセン&リーバーナードが疲労でどんな状況になっても出場させないと試合前に他の選手たちに話した。
前半6分攻めていくがカウンターからオーウェンに決められて先制されてしまう。だが前半43分本田が意地の1発を左足で振り抜き同点となる。がここで前半終了。
後半12分またしてもオーウェンにぶっちぎられてしまう、キーパー飛び出すが決められてしまい勝ち越しを許す。後半34分オルダスが初得点を挙げて同点とするが、後半42分にルケに決められてしまい試合終了。
監督は「得点力不足ということではないがヨンセンの存在の大きさがわかった試合だった。ここでヨンセンも歳なので後釜を募集したいと思っている。よかったらコメント欄に後釜になりそうな選手を書いてほしい」と話していった。

第22節VSボルトン
2-0
この試合相手は中田が先発出場。
前半34分やっとの思いでヨンセンが均衡を破ると、後半12分キューウェルがキーパーをひきつけるとシュートを打てば入りそうなところだがヨンセンへパス、ヨンセンが無人のゴールにボールを蹴りこみ2点差とするとそのまま終了。
監督は「頼りになるストライカーこれはどのチームにも1人はいるだろう。それが今はヨンセンだ。よく決めてくれるよ」と話していった。

ここまで順位は5位となっている。
そして次節ついにチェルシーへのリベンジマッチ。


監督のコメントでも書きましたが、ヨンセンの後釜を募集したいと思ってます。よかったらコメントランに書いて下さったらうれしいです。よろしくお願いします。

スーパー達也記者より
リバクター新聞

新城に破れ厳しい状況に!

選手コメント
本田「リーとヨンさんの穴を埋めようと皆で頑張ったけどダメだった。次はチェルシー戦だ。是非勝ちたい」
敵選手&監督コメント
マイケル「いいチームだった。こういうチームに自分の活躍で勝ててとてもうれしいよ」
中田「良いチームだったが、チェルシーのレベルには達してませんね。」
モウリーニョ「記者は次の試合に注目してるが、私たちにとってはただの通過点だ。CLの控えてるのでターンオーバーで行くだろう。」


リバクター新聞追記

どうやらオフシーズンにオランダの怪物バベルを狙ってるということをフロントから聞いた。果たして本当なのかな?
[PR]

by ribando | 2006-09-29 18:41 | ML~第2章~

2007年後半戦2~覚醒ヨンセン~

完璧に見下されているチェルシーに勝つためにブラクターは進化を続けていた。

第19節VSトットナム
3-1
前半11分キューウェルのパスをヨンセンダイレクトで決めて先制すると、前半32分パスを受けたヨンセンがトラップで相手を抜くとシュート!!!これが決まり2点差となると前半ロスタイムCKのこぼれ球を福西がヘッドでヨンセンがヘッドでキューウェルへキューウェルが決めて3点差で折り返すと後半はカウンターでピンチを招き後半22分ラウルガルシアが一発退場で1人少なくなるとキーンに決められるが勝利!!!
監督は「この試合でこのチームに力がついてきていることがわかっただろう。ヨンセンは点を取るだけのFWじゃないということもすばらしいアシストで見せ付けてくれた。このまま勝ち続けよう」と満足した顔で話していった。

第20節VSポーツマス
1-0
前半から攻めるもののカウンターで危ない場面を作られ攻めきれず後半へ。
後半もカウンターから危ない場面を作るが後半34分本田のパスを貰った直志がミドルを決めて試合を決めた。
監督は「決めれば勝てるという展開でよく決めてくれた。これで4位だいい勢いだな」と話していった。

ここまで来て順位は4位そしてチェルシーは3位となっている。

スーパー達也記者より
リバクター新聞

ヨンセンの活躍でブラクター4位に

選手コメント
ヨンセン「自分でも信じられないくらい、調子が良い。このままシーズン終了までこの調子を持続したいね。」
直志「本田がボールをもったときから、狙ってやろうと思ってました。
チェルシーには本田だけじゃないく俺もいるぞ!というとこを見せてやりたい。」

敵監督コメント
モウリーニョ「ヨンセン?格下しか決めれないFWか?まぁうちは今3位だが優勝は無理じゃない。」
[PR]

by ribando | 2006-09-28 18:54 | ML~第2章~

2007年後半戦開幕

とうとう監督がチェルシーに向かって牙をむき出した中後半戦が開幕した。
選手たちも牙をむき出しにしており、後半戦はかなりの結果が見れるだろう。

第16節VSチャールトンアスレティックス
3-1
前半は得点が動かず後半へ。
後半ヨンセンにかえてリーを投入。
そして後半5分CKのクリアミスをリーが拾いそのままシュート!!!これが決まり先制すると攻撃陣に火がついた。後半23分に本田が決めて2点差とすると後半34分キウミエントがミドルを決めて3点差。しかし相手に後半ロスタイムに決められたが勝利!!
監督は「いいスタートを切れたな。チェルシーもなめていると痛い目にあうぞと伝えておいてくれ」と闘争心が聞いてわかる会見をしていった。

第17節VSアストンビラ
1-0
前半35分ヨンセンが決めてそのままブラクターペースで勝利!!!
監督は「ヨンセンは今季10ゴール目か。よくやってくれているな」と話していった。

第18節VSマンチェスターユナイテッド
1-1
前半8分ヨンセンのシュートのこぼれ球を本田が押し込み先制。その後予想以上の動きで一進一退の攻防をしていくが後半37分ギグスに決められてしまい同点そのまま試合終了。
監督は「赤い悪魔相手によくやった。これでチェルシーとの差がなくなってきていることがわかっただろう。これからは勝ち点を1つづつでも伸ばしていきたいね」と話していった。

ここまで来て順位は6位CL圏内にはいってきた。

スーパー達也記者より
リバクター新聞

ブラクター後半戦の出だしはまずまず

選手コメント
ヨンセン「ついにレギュラーを獲得した。俺自身もD1で10点とれるなんて嬉しいよ。もうすぐチェルシー戦だ」
本田「後半戦はいい滑り出しができた。必ずCLには行く。」

敵選手&監督コメント
ルーニー「審判が糞すぎたぜ!!ブラクターは八百長してるに違いない!!」ノーゴールでストレスの貯まってたルーニーでした。

モウリーニョ「格下しか勝ってないチームに負けるはずがない。現にマンUに引き分けている。わたしはガナーズ・マンU・レッズらへんしか見ていない。」
[PR]

by ribando | 2006-09-27 18:23 | ML~第2章~

リバクター新聞

前半戦終了して
前半戦終了して、監督にインタビューをしてきた。
監督は「前半戦は勝てる試合を落としている印象が濃かった。まぁDFの控えがいないといってもいいようなものだったからな。そして決めるとこで決めれていないのが始めの4試合ほどの結果じゃないだろうか?ヨンセンが決めだしてからよくなった感じかな。まぁ後半戦はもっと勝ちたいね」と話してくれた。

もうすぐ交渉ですが獲得したい選手などはいるのですか?
監督は「ヤリッチなどには厳しい言葉かもしれないが、DFの控えがいなかった。ウルタド、ルポーニが抜けると安定しなくなったことは確かだろう。サイドの選手も控えがいなかった。まぁその辺の選手を獲得したいな」と話してくれた。翌日交渉期間が幕を明けた。

移籍市場ASブラクターの動き
うまく補強がいったようだ。
IN                            OUT
スティーブンコルドウェル(サンダーランドより)  ストリーマ(サンダーランドへ)
ペレ(ルマンより)                    ロタール(ルマンへ)
ベーラミ(無所属より)
このような形を取った。

新加入選手紹介
名前               年齢             国籍
スティーブンコルドウェル   26歳くらい         スコットランド
CBの控えとしての獲得。ウルタド&ルポーニが疲労で出れないときが多くなるだろう。
DFライン統一ももっており次世代の若手育成まで担ってくれそうだ。

ペレ               24歳くらい         忘れw
正GKとして獲得。昨シーズン苦しめられたセービング力をここで生かせるか見ものだ。

ベーラミ             22歳            スイス
この選手が今回最大の成功かもしれない。CB、SB、DMF、CMF、SMFをこなす器用さでチームの控えの柱として活躍しているだろう。ガットゥーゾの衰退がひどいようならばDMFとしての定位置を獲得できるかもしれない。

後半戦基本フォメ
┏━━┳━┳━━━┳━┳━━┓
┃□□┃□┗━━━┛□┃□□┃⑪CF ヨンセン
┃□□┃□□□□□□□┃□□┃⑨ST 本田圭佑 cap 
┃□□┗━━━━⑪━━┛□□┃⑩CH ラウルガルシア 
┃□□□□□□□□□□□□□┃⑧DH 福西崇史     
┃□□⑨□□□□□□□□□□┃⑦SH キウミエント   
┃■■■■■■■■■■■■■┃⑥DH ガットゥーゾ   
┃■■■■■■⑩■■■■■■┃⑤SB ラスキン
┃■■■■■■■■■■⑦■■┃④SB ブラージ
┣━━━━━━━━━━━━━┫③CB ルポーニ     
┃■■■⑧■■■■■■■■■┃②CB ウルタド      
┃■■■■■■■⑥■■■■■┃①GK ペレ
┃■■■■■■■■■■■■■┃
┃□□□□□□□□□□□□□┃
┃□⑤□□□□□□□□□④□┃
┃□□┏━③━━━②━┓□□┃
┃□□┃□□□□□□□┃□□┃
┃□□┃□┏━━━┓□┃□□┃
┗━━┻━┻━①━┻━┻━━┛
前半戦リーグでも屈指の得点を取ったヨンセンがFWで定位置を獲得。
基本攻め方は今までと変わらない。

後半戦目標
監督は「はっきりいっておこうチェルシーに勝つ。それだけだ。本田を抑えたら勝てるとまで言われた、まぁ次の対戦でこのチームが進化し続けていることをわからせてやる」と強気な発言をしていった。

次回後半戦開幕!!!

スーパー達也記者より
リバクター新聞

ブラクタースイスの新星べーラミを獲得。

入団会見
べーラミ「ここに来れて嬉しいが、まずはスタメンを奪うことだ。」
記者「目標は?」
べーラミ「目標?優勝に決まってるじゃないか。このチームを絶対に優勝に導く。」

敵選手コメント
バラック「ブラクターの監督はチェルシーに勝つとかほざいているが
     そのまえに俺たちがいるのを忘れるな!!特に福西!!
     決着つけようぜ!!」
[PR]

by ribando | 2006-09-26 19:35 | ML~第2章~

2006年前半戦終了

運命を決めるD2カップが行われた。
D2カップ1回戦VSチェルシー
2-2
延長 0-1
前半6分いきなり決められて、先制されるが本田が決めて同点に追いつくが前半ロスタイムまたしても決められて離される。
そして後半34分本田が決めて追いつくと延長戦へ。
延長前半ここから投入されたドログバに決められて決勝点となり試合終了。
監督は「延長戦になると足が止まってた。いい経験になったよ」とはきはきと話していった。

第13節VSエバートン
1-0
前半得点が取れなく後半へ。
後半ヨンセンを投入。その投入があたる。
後半12分にヨンセンが決めてそのまま勝利!!!
監督は「ヨンセンの加入はチームにとってやはりいい加入だったようだ。これからもがんばってくれるはずさ」と話していった。

第14節VSフルハム
1-2
前半40分あいてのベテラン選手に決められると、後半24分またしても決められてしまう。
しかし後半40分ヨンセンが決めて1点差とするがそのまま終了。
監督は「よくないな。ベテランの2発でやられるとはな」と話していった。

第15節VSバーミンガムシティ
0-0
特になし
監督は「後半点を取りに行ったが遅かった。今回は采配のせいだな」と話していった。

ここで前半戦終了。
WEFAランキングは59位くらいw

リーグ順位は8位くらいw

スーパー達也記者より
リバクター新聞

ブラクターFAカップ惜しくも一回戦敗退!

選手コメント
本田「自分の調子は最高でした。チェルシーから2ゴールを奪えたことは監督にもアピールになったし、オシム監督にもアピールにもなった。ただチームが勝てなかったのが悔しい。」

敵選手&監督コメント
ドログバ「僕が出ればこんなものさ。監督から格の違いを見せて来いといわれた。」

モウリーニョ「予想外に向こうのチームは頑張ったが、うちは最後で本来の実力が出た。向こうは日本の本田とかいう選手を抑えれば、機能しなくなる。」
[PR]

by ribando | 2006-09-25 19:23 | ML~第2章~

2006年前半戦~勝て!!~

そしてついにD1カップ開幕
D1カップ1回戦VSチェルシー
運の悪いことに1回戦はなんとチェルシーとあたってしまった。
2-2
ホームでの試合必ず勝っておきたいところ。
前半20分直志が右サイドから突破するとリーがこぼれ球を決め先制!!!そして27分こんどはキューウェルのパスをダイレクトでリーが決め2点差とするがイヴァロフがCKからオウンゴール。そしてグジョンセンに決められて試合終了。
監督は「勝てた試合だった。タダそれだけだ」と厳しい表情で話していった。

第10節VSリヴァプール
1-2
前半42分にリーがバックラインでのパスをカットしそのまま点を取ってくる。
しかし守りきれないのが今のブラクターだ。後半2分ヤリッチがクリアしたはずのボールがきれいにゴールに突き刺さる。後半22分にリーセに突き刺され敗北。
監督は「はぁダメだな。次はアーセナル戦だ勝てば一気にいいとこまでいけるがんばるしかない」と話していった。

第11節VSアーセナル
2-1
前半からアーセナルペースでなかなかボールに触らせてもらえないが前半22分福西がボールを奪うとフライスルーパスをヨンセンヨンセンがそのボールを独走で決めて先制!!!
そして後半26分直志がボールを奪うとまたしてもフライスルーパスヨンセンがまた決めて2点目!!!しかし後半相手のシュートがゴールラインを割りそうなところDFがスライディングそれが入ってしまい1点差ここで試合終了。
監督は「よく勝ってくれた。ヨンセン動きはすばらしかったよ」と話していった。

そしてWEユナイテッドとの試合。バラックは怪我をしているようだ。
第12節VSWEユナイテッド
2-1
バラック欠場で流れがつかめないWEユナイテッドに直志がフライスルーパスというメスを入れるとリーが決めて先制!!!そして27分またしてもリーが決めて後半へ。後半怪我を押してバラックが出場してくるそしてその後すぐスピードでアガホワにやられ1点差となるが勝利!!!
監督はリーは前の試合のヨンセンをみているかのような動きだったな」と話していった。

そして次回運命のD1カップ1回戦2ndだ!!!

スーパー達也記者より
リバクター新聞

ブラクター死のロードは2勝1敗1引き分け

モウリーニョ強気発言!!

選手コメント
福西「バラックは逃げたなw次の試合ではじめから出てこなかったらあいつは笑いものさ。」
リー「俺はヨンセンにレギュラーを譲るつもりはない」
ヨンセン「今からだのキレがいい。今ならレギュラーになるのも夢ではない。」

敵選手&監督コメント
モウリーニョ「ブラクターの監督はうちに勝てると言ったがそれはない。引き分けたのはうちが悪すぎただけ。次?負けるわけないだろ」
ジェラード「ブラクターも強いけど、失点はうちのミス。こっちはオウンゴールもあったけど、リーセが決めてくれて勝てた。素直に嬉しいよ。今年こそ念願のリーグ優勝を目指してるから、このまま突っ走りたい。」

バラック「あの試合にはじめから出れなかったのはかなり悔しい。
正直怪我してなければ勝てた。」
[PR]

by ribando | 2006-09-24 15:57 | ML~第2章~

2007年開幕

運命の2年目が始動した。大補強を行ったブラクターはいいとこまで行くことができるのか。

第1節VSチャールトン
1-1
前半37分に本田がまさかの先制点を奪うが後半22分に同点にされて終了。
動きを見ていると後半本田に変わって入ったキューウェルの動きはなかなかのものだった。
監督は「勝ち点を取れたことは大きい。これからの自信にもつながったよ」と話してくれた。

第2節VSアストンビラ
1-1
この試合本田をSBで使いSTにはキューウェルという布陣での試合。
前半42分キューウェルのパスをリーが決めて先制するが、後半になると相手ペースへとなる。そして後半38分イヴァロフがこぼして所を詰められて同点にされると、あとは守りきるのがやっとという展開なんとか守りきり勝ち点1を手に入れた。
監督は「勝ちきれないな、集中力がなさ過ぎるんじゃないか?もっと集中してやってほしいな」と話していった。

第3節VSマチェスターユナイテッド
1-2
この試合ヨンセンが先発あと他多数が疲労のため入れ替わり。
前半から相手に攻め込まれる試合展開が続くが、カウンターでなんとか点を取ろうとしていると逆カウンターをくらい、ギグスに先制を許す。
しかし後半開始すぐ4分にシュートカウンター、右サイドキウミエントのクロスをヨン様が決めて同点!!!しかし後半8分にファンニステルローイにヘッドで入れられ、あとはクリアクリアの試合になった。
監督は「2点で抑えれたのが不思議なくらいだよ。だがヨンセンはよかったな。見直したよ」と発言をしていき会場を後にした。

第4節VSトットナム
1-0
今季ここまで11位とよくないトットナムに対して勝ち点3を取りたいところ。
前半7分ヨンセンがSTの位置でポストプレーをするとそのボールはリーはそしてリーが落ち着いて決めて先制!!!その後幾度となくヨンセンのポストからの形ができるが決めれずそのまま試合終了!!!
昇格後初勝利をあげた!!!!
監督は「よくやってくれた。ヨンセンの動きが際立っていたな。リーバーナードはストライカーとしての自覚ができてきたんだろうな。よく決めてくれた」と満足した表情で話していった。

第5節VSポーツマス
1-0
ここまで15位のポーツマス勝ち点3を取りに行こう。
前半から本田を軸にして怒涛の攻めを見せるブラクターそして前半39分本田がヨンセンからボールを受け取ると本田ドリブル突破そのままシューーート!!!これが決まり先制すると後半もブラクターペースで試合は進み勝利!!
監督は「やっと本来の形ができてきたような感じだ。エンジンがかかりだせば強豪を倒すのも夢じゃないかもしれないな」と確かな手ごたえを感じているようだった。

第6節VSニューキャッスルユナイテッド
1-2
前半ロスタイムラウルガルシアのゴールで先制するが、後半22分にマウスウェル、後半34分にオーウェンに決められて簡単に逆転を許す。そしてカウンターからの攻めはあるものの得点できず試合終了。
監督は「逆転を許すとはな。CB2人が疲労で休んだのが痛かったな。補強が必要かもしれないな」と厳しい表情で話していった。

第7節VSボルトン
2-2
前半22分にヨンセンが先制点を奪うが、その後すぐクリアミスをダイレクトで入れられてしまい同点に、このまま前半終了して後半へ。
そして後半34分に逆転のゴールを37歳スピードに許すが、後半42分こちらもベテランヨンセンが2ゴール目を決めて同点に。そしてこのまま試合終了。
監督は「ヨンセンの動きはよかったな。ポストもやって裏にも抜ける。この動きをリーへ伝承しなければいけないな」とヨンセンについて話していった。

WEFAランキング59位まで上昇。

ライバルチームWEユナイテッドは勝ち点7で13位
我がチームASブラクターは勝ち点9で9位となっている。

第8節VSチェルシー
1-3
前半ロスタイムここまで耐えてきた守りが悲鳴を上げた。ジョーコールに先制点を決められる。そして後半9分直志がくらいつくための同点ゴールをあげるがこのあとすぐJコールに2点目を入れられると後半34分息の根を止められる3点目をJコールに決められ試合終了。Jコールはハットトリックだった。
監督は「スピードが全然違った。あれはまだこのチームじゃとめれないね」と話していった。

第9節VSブラックバーン・ロバーズ
3-0
前半7分に本田のゴールで幕があけるとこの試合はブラクターペース。前半から攻め立てていき後半へ。
そして後半12分ヨンセンが決めて2点差とするとまたしても後半38分ヨンセンが2ゴール目を挙げ試合終了!!!
監督は「1部に上がってきてから最高の試合だったな。本田が決めてヨンセン2ゴールとはよかったね。彼らにはまだまだ期待できるよ」と話していった。

ここまで来ての順位
我がASブラクターは勝ち点12で9位
ライバルWEユナイテッドは勝ち点10で11位となっている。

そして次回D1カップ1回戦最大のピンチVSチェルシーです。
[PR]

by ribando | 2006-09-24 11:45 | ML~第2章~